釈由美子は「趣味:整形」!?顔面の変遷を大量写真で辿る!

容姿端麗なルックスを武器に、数多くの映画・ドラマで主演を演じる女優、釈由美子さん。

しかし、「釈由美子」といえば「整形」というワードが連想できるくらいに、整形をしているイメージを強く持つ人も多いよう。

一時期、釈由美子さんのWikipediaのプロフィールの趣味欄が美容整形となっていた、公式のプロフィールでも「趣味:整形」と書かれていた、なんて噂もあるようです。

今では「見る度に顔が変わる」とメディアに出る度に、その顔の変化がネットで騒がれるようになった釈由美子さん。

今回はそんな釈由美子さんの過去の写真を辿りながら、彼女の整形による顔の変遷を探ってみました。

見る度に整形で顔が変わる?釈由美子のプロフィール

画像引用:google.com

生年月日  1978年6月12日(44歳)

出生地   東京都清瀬市

身長    164 cm

血液型   B型

職業    女優、グラビアアイドル

活動期間  1997年 –

配偶者   2015年 実業家と結婚

釈由美子さんは学習院女子短期大学在学中の1997年に漫画雑誌 『週刊ヤングマガジン』の「Missキャンパスグランプリ」に選出され芸能界入りし、主にグラビアアイドルとして活動していました。

その後、女優として「ゴジラ」や「スカイハイ」で主演を演じ、2000年代には当時を代表するトップ女優の1人ともいえる活躍ぶりで映画にドラマに引っ張りだこに。

誰もが認める「美人」で、男性はもちろん女性からの人気もあった釈由美子さん。

「整形」というイメージがつくようになったのはいつからなのでしょうか?

【デビュー前】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

画像引用:google.com

時系列で釈由美子さんの顔の変化を追っていきましょう。

まずはデビュー前の写真から。

これは、小学校の卒業アルバムの12歳の写真と、14歳の時に出演したオーディション番組「ゴールドラッシュ」の時の画像だそう。

10代は成長とともにガラッと顔が変わることも少なくないですが…、

正直、私たちが知っている「釈由美子」の面影は見当たりません…!

【デビュー当時】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

1997年「週刊ヤングマガジン」のMissキャンパスグランプリに選ばれた釈由美子さん。

 

画像引用:google.com

1999年には浅野ゆう子さんと久本雅美さんが主演を務める2時間ドラマ『ツインズな探偵』で女優デビューを果たします。

美人には変わりないですが、やっぱり「釈由美子」と聞いて思い浮かべるイメージとはかけ離れています。

今より鼻が低く、横に広い気がしますね…?

【20代前半】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

釈由美子さんの代表作となったテレビドラマ「スカイハイ」(テレビ朝日系)。

当時25歳の釈由美子さん。

整った顔立ちですが、この頃は今のお顔に比べてまぶたが腫れぼったく、一重もしくは奥二重に見えます。

画像引用:google.com

2004年の釈由美子さんカレンダーの写真。

奥二重なのがはっきりと見てとれますね。

【20代後半】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

画像引用:google.com

多くの人が「釈由美子」と言われて思い浮かべるのはこの頃かもしれません。

とんでもなくお美しいです!!

学生時代やデビュー間もない頃より、目はクリッとパッチリ大きくなり、鼻筋がシュッとさらに通り洗練された印象になりました。

世間でも、この頃(20代半ば)に整形手術を始めたのでは?と推察する声が多いです。

このようにナチュラルに目がパッチリした場合に考えられるのは、「埋没法」による二重まぶたの整形手術。

埋没法は、医療用の糸で上まぶたの皮膚の自身が二重にしたいラインと、まぶたの筋肉を留めて二重まぶたにする整形方法。

メスを使わず10~15分で二重にできる簡易な方法で、糸を取り除けば簡単に戻すことができたり、翌日にはメイクも出来るといったお手軽な整形手術です。

また、鼻筋も以前より高く綺麗に通っていることから、鼻に人工の軟骨(シリコンプロテーゼ)を挿入して鼻筋を高くする「隆鼻術」と呼ばれる手術を施している可能性が考えられます。

【28歳で激変】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

28歳頃の釈由美子さん。

思わず、別人?と疑ってしまうほど、まぶたの二重の幅が明らかに広くなっています。

化粧だけではこうは変わりませんよね。

ここまで来ると、整形を隠すつもりもなくバレてもいいというご本人の気概を感じます。

まぶたの二重の線が平行に見えるはっきりとした幅広の二重に変化しました。

このような華やかでハーフのような幅広の平行二重にするためには、前述の「埋没法」ではなくメスを使ってまぶたを切る「目頭切開法」という二重整形手術が適しているようです。

目頭切開は、目頭の皮膚を切開して目の横幅を鼻の方へ広げ、目を大きく見せる手術です。

釈由美子さんも目頭切開の施術を行ったのでしょうか?

目にばかり注目して見落としてしまいそうでしたが、鼻筋も以前よりはっきりとして以前より存在感があるようにも見えますね。

【30代】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

2012年、34歳の頃に10年ぶりに出した写真集

くっきり二重で、以前より鼻が小さくなり、顎がシャープになったように見えます。

以前よりだいぶ若返った印象です。

この写真集の発売イベントに登場した釈由美子さんの画像がこちら。

画像引用:google.com

顎はシャープですが、頬のあたりがボコボコとして見え、引きつっている感じがします。

若返り整形手術で、「フェイスリフト整形」というものがあります。

加齢によって垂れた頬や皮膚を引き上げるという手術で、皮膚を切開して上に吊り上げて縫いつける方法と、皮膚の下に糸を通して吊り上げる方法があります。

もしかすると、この頃にはどちらかの方法のリフトアップ手術を施していて、笑顔を作ろうとすると引きつってしまうようになったのかもしれません。

画像引用:google.com

この頃から、ネットでは「顔がボコボコ」「顔面崩壊」と噂されるようになります。。

【40代】整形が趣味?釈由美子さんの顔の変化

画像引用:google.com

最近の釈由美子さんの写真。

全体的に顔の皮膚が下に下がってきた印象がありますが、40代でこの美しさは驚きです。

画像引用:google.com

ご本人がSNSに上げる最近の写真はアプリでの加工が激しく「エイリアンみたい」との声もあがります。

加工で作り上げた、目がパッチリで、鼻が小さく、顎が細い釈由美子さん。

もしかするとこれこそが釈由美子さんご本人が目指している理想のお顔の究極形態なのかもしれません。。

釈由美子の整形についての世間の声

画像引用:twitter.com

釈由美子さんが整形しているのか否か?等といった整形を疑う声はほとんどなく、釈由美子さんの整形による顔の変わり様にびっくりする声が多くみられました。

釈由美子の整形による顔の変移 まとめ

「見る度に顔が変わる」とメディアに出る度に話題になる釈由美子さん。

整形は中毒性があると言われるので、20代の頃に初めて行ったとみられる整形が成功体験として忘れられず、整形中毒になってしまったのかもしれません…。

元々がお綺麗なので、もうそのままでいて欲しいと思ってしまいますが、、

現在は、お子さんもいらっしゃるので落ち着くかもしれませんね。