吉田拓郎はバツ2!過去の恋愛や現在の妻・森下愛子との結婚生活は?

先日引退を表明したシンガーソングライターの吉田拓郎さん。

元々フォークソングで人気を集めていましたが、90年代後半から放送されたKinki Kidsとのバラエティ番組で再ブレイクし、存在を知った人も多いのではないでしょうか。

渋めだけどおちゃめな一面を持つ吉田拓郎さんは、なんと3度の結婚と2度の離婚を経験しています。

 

今回は、吉田拓郎さんの過去の恋愛や、現在の妻・森下愛子さんについて見ていきましょう。

吉田拓郎のプロフィール

画像引用:google.com

  • 生年月日 1946年4月5日生まれ
  • 年齢 76歳(※2022年6月現在)
  • 出身地 鹿児島県

 

歌謡曲好きのお姉さんとジャズピアニストになったお兄さんの影響で吉田さんも音楽に興味を持つようになり、小中学校時代から音楽を始めます。

そして高校時代にインストゥルメンタルバンドを結成し、作曲活動を開始。

ここが音楽家としての原点だとご本人が話されています。

大学生時代にロックバンドを結成し積極的に活動しますがうまく行かず、フォークソングへ転向。

 

1970年にインディーズレーベルより本格的にデビューし、1972年に大手であるCBSソニーに移籍し「結婚しようよ」をリリースし大ヒットします。

その後作曲家としても活躍し、梓みちよさんの「メランコリー」や森進一さんの「襟裳岬」など現代も歌われる名曲を生み出しました。

1996年に当時まだCDデビュー前だったKinki kidsと共に「Love Love あいしてる」の司会に抜擢され、再ブレイクします。

 

そんな吉田さん、プライベートでは1972年に四角佳子さんと結婚し1975年に離婚、1977年に浅田美代子さんと結婚し1984年に離婚しています。

現在の奥さんである森下愛子さんとは1986年に結婚し現在に至ります。

3度も結婚できるなんてモテモテですね。

吉田拓郎の恋愛遍歴

画像引用:google.com

吉田さんの結婚と離婚を時系列で見ていきましょう。

  • 1971年 四角佳子さんと出会う
  • 1972年 四角佳子さんと結婚
  • 1974年 浅田美代子さんと出会う
  • 1975年 浅田美代子さんと交際が噂される
  • 1975年 四角佳子さんと離婚
  • 1977年 浅田美代子さんと結婚
  • 1981年 森下愛子さんと出会う
  • 1983年 森下愛子さんと交際開始
  • 1984年 浅田美代子さんと協議離婚
  • 1986年 森下愛子さんと結婚

 

こうして見てみると、浅田さんと森下さんとは不倫関係の後結婚したことが分かります。

当時の吉田さんは、かなり女性にモテたと同時にだらしなかったのかもしれません。

吉田拓郎の歴代の妻

画像引用:google.com

四角佳子

画像引用:google.com

四角さんは1952年3月4日生まれで、現在も歌手として活動されています。

吉田さんとの出会いは、1971年の愛知県岡崎市のコンサート会場でした。

 

その後1年の交際期間を経て結婚。

しかし亭主関白の吉田さんと気が強い四角さんはちょっとしたことでもすぐ喧嘩するようになり、娘の彩さんが生まれても関係修復されぬまま1975年に離婚に至ります。

 

当時の雑誌で吉田さんは「子供中心になっちゃおもしろくない、味けない」などと話していたり、若かったこともあるのか酒癖が悪く喧嘩っ早いところもあったそうです。

若気の至りというのもあるかもしれませんが、結婚生活が続かなかったのは少なからず吉田さんにも原因があったことが想像できますね。

浅田美代子

画像引用:google.com

四角佳子さんと離婚した2年後に浅田美代子さんと結婚しています。

浅田さんは1956年2月15日生まれの66歳です。

 

1974年、吉田さんのラジオ番組に浅田さんがゲスト出演したことがきっかけで知り合い交際へと発展します。

トップスター2人の不倫愛だったこともあり当時のワイドショーのトップニュースとなりましたが、堂々と交際を続け1977年に結婚。

しかし吉田さん曰く、楽しかった夫婦関係は1年間のみで2年目からは頭がおかしくなりそうだったそうです。

浅田さんの天然キャラを考えると吉田さんが大変だったのは多少想像できますね。

 

その後、離婚が成立する前に今の奥さんである森下愛子さんとの不倫疑惑が出ます。

それに対して吉田さんは「愛子ちゃんのことは好きだよ。でも隙がないんだよね」と語っていました。

不倫された側の浅田さんはなぜが不倫を否定。

吉田さんは単なる森下愛子さんのファンであるという旨のコメントを残しています。

 

しかし結局2人は1983年に協議離婚しています。

離婚後の記者会見で吉田さんは「離婚をしないで済む方法を話し合った」「家も女房もいるけどダメだった。自分は結局わがまま。」「曲を作るのに家庭を持つとだめだと思った。」等と話していました。

その後不倫相手である森下愛子さんと結婚します。

吉田拓郎の現在の妻は森下愛子

画像引用:google.com

森下さんは1958年4月8日生まれの64歳です。

高校1年生の時に新宿でスカウトされてモデルデビューを果たし、CMなどで活躍。

1977年以降は女優さんとして活躍されています。

 

吉田さんと結婚後体調を崩し1988年から芸能活動を一時休止しますが、1999年に復帰。

2000年以降は宮藤官九郎さんの作品の常連となっています。

「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」など、大ヒット作品にも常に出演されています。

吉田拓郎と妻・森下愛子の出会いから現在まで

画像引用:google.com

浅田さんと結婚して3年目の時、当時23歳の森下さんが吉田さんのラジオ番組にゲスト出演したことがきっかけで2人は知り合います。

その2年後美容院で偶然出会い、吉田さんからレコーディングを見に来ないかと誘われ、それから2人は友人関係となりしばらくその状態が続いたそうです。

 

1983年6月に2人は深夜デートをスクープされます。

吉田さんは森下さんへの好意を堂々と口にしますが、前妻である浅田さんは否定。

しかしその後は「不倫はあの人(吉田さん)の癖だがら」と容認していたそうです。

 

そんな不倫関係を後押ししたのがなんと中村雅俊さん。

森下さんと中村さんが飲んでいる場に吉田さんを誘い、3人で飲んでいる時に「拓郎さん、ホテルに行っちゃいなさいよ」と吉田さんにアドバイスし、その後2人でホテルへと消えていったそうです。

そして17歳差の2人の交際がスタートし、約3年の交際期間を経て結婚します。

吉田拓郎と妻・森下愛子の結婚生活

画像引用:google.com

森下さんとの結婚生活は順風満帆なものではありませんでした。

結婚してまもなく、森下さんは吉田さんの亭主関白ぶりや仕事と家庭の両立の厳しさからうつ状態となり、結婚して2年後の1988年に活動を休止します。

医者のすすめで伊豆から東京へ移住し活動を再開したことと、吉田さんが落ち込む森下さんをしっかり介抱していったことで森下さんは回復していきます。

 

結婚14年目の時には「うちの奥さんがベストパートナーって思えるのは今かもしれない」と語っています。

大変な時期を乗り越え穏やかな時間がやってきたからこそ言える言葉ですよね。

 

しかし穏やかな時間は長くは続かず、2003年には吉田さんが肺がんを患い手術します。

2014年にはのどにがんが見つかり、放射線治療を2ヶ月続けました。

数ヶ月後遺症に苦しめられた吉田さんを森下さんが懸命に支えてくれたそうです。

のどが痛くて食べられない吉田さんに毎日お粥を作ったり、もう歌えないかも知れないと不安を漏らすと「必ず完治するから。一日一日だから」と励ましたりしたそう。

 

このように様々な苦悩がありましたが、2人が支えながら絆を深め現在も仲睦まじく暮らしています。

吉田拓郎と妻・森下愛子に対する世間の声

画像引用:twitter.com

吉田拓郎さん、森下愛子さんともに引退を惜しむ声が目立ちました。

吉田拓郎の妻まとめ

画像引用:google.com

吉田さんは3度の結婚、2度の離婚をしていますが、3度目の正直で現在は森下愛子さんと幸せな夫婦生活を送られています。

森下さんは2017年以降ドラマ出演などはせず、事実上リタイアされています。

また、吉田さんも76歳となり今年引退します。

これからはお2人でのんびりと幸せな余生を送ってほしいですね。